ギフト箱を制作するにあたって・・・こんなのもあります!

こんにちは、さるけんです。

『母の日』が過ぎましたね。
皆さんは、お母様に感謝の意を表されましたか?

レアなケースを除き(笑)、誰しも母親という存在に対しては
たとえ何歳になっても、日ごろから感謝するべきであろうとは
思います。が、、、なにぶん私は離れて暮らしているもので、
なかなか感謝を伝えられず(という【言い訳】ですが)。。。
毎年『母の日』を利用させて頂き、贈り物という形で
代弁させて頂いております。

もちろん『父の日』にも。。。来月ですね。
今年は6/21(日)です。いまから何を贈ろうかと悩んでおります。

ということで、今回は、ギフト箱について少し面白いなと
私が思った(笑)形状をご紹介します。

身箱+スリーブです!

そんなのごくごく一般的な形状じゃないか?と思われる
かと思いますが、、、ちょっと違いまして、この形状だと
スリーブなのに抜けないのです。
そして・・・スリーブを作成するのに一番難しい『入らない
のはNGだけど、ぶかぶかなのも困る』というサイズ感。
ここも、ほぼピッタリのサイズで設計ができるのに、
『入らない』ということがなくなります。

ということで、それは一体なんなのか?と言いますと
百聞は一見にしかず。まずは下記画像をご覧ください。

IMG_0007_r2_c3

IMG_0007

 

 

 

 

 

分かりましたでしょうか?

そうです。スリーブはスリーブでも貼らないタイプです。
差込式だから『入らない』ということがなくなりますよね(笑)

で、
これの一番のポイントは(画像をよーく見て欲しいのですが)
身にも穴が開いてますよね?
そうです。スリーブの差込を『身』の方にも穴をあけることに
よって、スリーブを貫通して一緒に差し込んでしまうのです。
(非常に書き方が難しいのですが、意味は分かりますよね)

だから、スリーブが抜けないのです。
これって、すごくないですか?ちょっとしたことですけど、
素晴らしいアイデアですよね。

スリーブ式のギフト箱をお考えなら、ご検討頂ければ
幸せです。そして、その際は、当社にお問合せ頂ければ
もっと幸せです(笑)。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ