オリジナル化粧箱・パッケージのコストダウン事例 vol.1-1

2016121701

新シリーズです。
【オリジナル化粧箱・パッケージのコストダウン事例】とはうたってはみた
ものの果たしてどこまでのもがご提供できるか、また、継続できるか不安
ではありますが・・・・・とりあえず続けられるところまで続けてみたいと思い
ます(笑)

お客様のご要望の優先順位の上位に間違いなくくるであろう『コストダウン』
大変難しいことも多々ありますし、「そんなことぐらいは知っているよ」という
ことも多いでしょう。

しかしながら、「初めて知った」という方もきっといらっしゃると思いますので、
ある程度『常識』的なこともあるかもしれませんが、知っていて損な話でも
ありませんので、初歩的なことからはじめたいと思います。

知らなかった方は是非!
知っている方はそれなりに!
ご覧いただければと思いますので、よろしくお願いします。

形状変更によるコストダウン

底ワンタッチ→底ジゴク(底組み式)

2016121702
上記が底ワンタッチ(右側)と底ジゴク(左側)の図面です。
底の形状が違うだけで、展開寸法としても同じになります。
展開寸法が同じということは、紙の取都合も同じということで、『貼り方』
以外でコスト差が出ることはありません。
もちろん、その他の加工・原紙の種類が共通ならという前提です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
紙の取都合
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
化粧箱・パッケージを製作する際には、1枚の原紙に何個
付けられるか?が重要であり、これを『取都合』と言います。
基本的には、多く付ければ製品単価としては安くなります。
それは、印刷~抜きまで機械に通す枚数が少なくなるので、
その分、各々の工賃が安くなるからです。
【例】 製品数(=ロット)30,000ヶの場合
4ヶ付 → 7,500枚通し
10ヶ付 → 3,000枚通し
となるからです。
但し、多く付ければ付けるほど良いのか?というと、そうでは
ありません。ここが難しいところです。

【例】 製品数(=ロット)3,000ヶの場合
4ヶ付 → 750枚通し
10ヶ付 → 300枚通し
となり、両方1,000枚にも満たない通し枚数となります。
その場合は、台数計算と言うのですが、工賃は同じ金額
になることが多いですし、場合によっては「10ヶ付」の方が
高くことがあります。また、別途費用となる型代は多く付け
れば付けるほど高くなります。
ので、「紙の取都合」には、色々な要素が絡み合いロットと
のバランスが非常に大切になります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

底ワンタッチと底ジゴク(底組み)との貼り形式が違うだけで、コスト差が
生まれるということは、すなわち『貼る』という工程にかかる費用が異なる
ということです。

①底ワンタッチ→箱を起こすと底が組みあがっている→サイドだけでなく
底部分もノリ貼が必要
②底ジゴク(底組み)→箱を起こした後に底面を手で組み立てる必要が
ある→サイド部分のみ貼ってあり、底部分は貼る必要がない

従って、底ワンタッチ→底ジゴク(底組み)に形状変更した場合は、その
貼り工賃の差額分コストダウンが出来るということです。

但し、
お分かりかとは思いますが、底ワンタッチ→底ジゴクに変更した際には、
『底部分を手で組み立てる』という作業が増えますので、その作業工賃
がUPします。
ので、化粧箱・パッケージ自体のコストダウン分と、作業工賃のUP分との
差額がどうなのか?ということを考える必要は出てきます。

 

 

キャラメル形式→底ジゴク(底組み式)

2106121703
意外と見落とす盲点的な部分ではありますが、キャラメル形式→底ジゴク
(底組み式)に変更することによって、コストダウンを図れることもあります。

上記の画像を見比べて下さい。両方とも一番左の面がノリシロで、どちらも
貼る部分はここだけですので貼工賃としては同じです。

では何が違うのか?と言いますと、図面の下を比較して頂けるとよく分かる
かと思いますが、キャラメル形式の方が天地が長くなってます。
天地が長い=展開寸法が大きい=紙の取都合が悪くなる可能性がある。
ので、
底ジゴク(底組み式)より、キャラメル形式の方が高くなる場合があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
紙の取都合が悪くなる可能性?良くなる可能性?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
製品の展開寸法によって、紙の取都合が変わるわけですが
・大きくなれば取都合が悪くなる(=製品代が高くなる)
・小さくなれば取都合が良くなる(=製品代が安くなる)
とは限りません。

例えば、650×475mmという紙を使用する場合、
① 製品A: 化粧箱の展開寸法→ 250×210mm
② 製品B: 化粧箱の展開寸法→ 300×220mm

②の方が①より展開寸法が大きいですが、どちらも4ヶしか
650×475mmの紙には入りません。
という場合は、紙の取都合は【同じ】ということになります。

但し、もし560×475mmの紙があった場合、①は4ヶ入り
ますが、②は2ヶしか入りません。また、800×550mmの
紙があった場合、①は6ヶ入りますが②は4ヶしか入りません。

こういう場合を「①の方が取都合が良い」と言います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
実際に、キャラメル形式と底ジゴク(底組み式)の具体的な寸法を比較
してみたいと思います。

【例】
仕上寸法が、両方ともW(巾)50×D(奥行)50×H(高)100mm
・キャラメル式   →   展開寸法:230×214mm
・底ジゴク(底組み式) → 展開寸法:202×214mm

上記のように左右は同じですが、天地が28mmも変わってきます。
この差が紙の取都合に影響する場合=キャラメル式より底ジゴク(底
組み式)の方が紙の取都合がよくなる場合、キャラメル式→底ジゴク
(底組み式)に形状変更した方がコストダウンになります。
ただ、この紙の取都合は実際には化粧箱・パッケージの印刷会社さん
の方でしか分かりづらいかと思いますので、『両方の形状パターンで見積
出してみて!』という依頼をされると良いかと思います。

但し、ここで注意しておかないといけないのは別途費用の部分である型代
についてです。通常、キャラメル式よりソコジゴク(底組み式)の方が型代が
高くなりますので、その辺りを加味して総合的に考える必要はあります。
 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ