黒印刷の2つの表現の仕方

rose-234483_640

 

黒のことを印刷業界では墨と表現します。
つまり、黒印刷というのは墨印刷という表現を用いります。

 

黒というものは色の濃さの最終形でこれより濃い色は存在しません。
黒そのものの濃度を濃くすることはできても
色を黒より濃い色にすることはできないのです。

 

厳密に言うと、濃いのではなく暗いという表現は正しいのかと思いますが。

 

この黒色。
色の4原色【C(シアン=藍)M(マゼンタ=紅)Y(イエロー)B(ブラック)】
の内の1色に当たりますが

 

この4原色から黒を除いた3原色を混ぜ合わせると黒になる
ということになっております。
(厳密に言うと、黒にはならないわけですが。)

 

この原理を利用した黒の表現方法についてお伝えします。

 

 

黒印刷には2つの方法がある

墨ベタにはよく使われるものが2種類ありまして、
1つは、単純に墨濃度100%のみで行う墨ベタ。

 

もう1つは色の3原色であるC(シアン=藍)M(マゼンタ=紅)Y(イエロー)
これら3色をそれぞれ40%~50%ほどに設定して
それに加えて墨100%を足して表現するリッチブラックというものです。

 

墨ベタ単体の方は何と言っても墨しか使いませんので
見当ズレの影響を怖がる必要がありません。
(その部分においてはという意味です。)

 

そのため文字や小さなデザインのものなどに使用可能です。

 

ただし、これは墨に限りませんが1版のみでベタ印刷を行うと
ピンホール現象が起こりやすくなります。

 

そのため、範囲が広いもの等には同じ版を2つ作り
墨ベタを2度掛けたりもします。

 

ちなみにピンホール現象とはその名の通り
ベタ範囲の一部が穴抜けのように
白くなってしまうことを指します。

 

ベタ印刷を行う版に埃等が付着して
その部分にだけインキが乗らずに
印刷されてしまうことが主な原因となります。

 

版に埃が付着して発生しますので
2版で行っていればその分防ぎやすくなる
という理屈です。

 

一方リッチブラックは
4色掛け合わせによって表現されるので
墨1色に比べてずっと鮮やかな黒色が表現されます。

 

またデザイン上、既にレギュラー4色を
使用しているのならば
わざわざ墨版をベタ用に追加する必要が無い分
費用を削減できたりもします。

 

欠点としてはやはり4版使ってのベタなので
墨ベタ単体に比べて見当ズレが発生しやすいので
文字や小さなデザインには不向きです。

 

また4色掛け合わせの分、
若干赤みかかったり青みかかったりと、
墨の色の均質化も墨ベタに比べた難しいです。

 

 

墨を使わない黒表現

 

通常黒の表現を行う際には墨を用いるのですが
色表現の仕組み上CMYの3色を混ぜ合わせるだけでも
黒色は表現されます。

 

特定の色の光を吸収して反射する色を限定することで
色表現を行っているため、全ての色を吸収してしまえば
つまりCMYを混ぜ合わせれば黒色が表現される。ということです。

 

詳しくは「化粧箱は減法混合による色表現によって作成されます。」 をご覧ください。

 

そのため原理上では3色だけでもいいのですが
CMYを全て高い濃度で掛け合わせる必要があります。
よって・・・

 

・その部分の濃度の高さに引っ張られて他部分の色表現が上手く出来にくくなること。
・表現される黒色も青っぽくなったり、赤っぽくなったりと安定させることが難しい。

 

ではどのような時に墨無しでの黒表現を行うかと言いますと、
これまた以前に紹介している記事があります。

 

「様々な箱の製作~オリジナル化粧箱のコスト削減編~」

 

こちらの記事で示している使用する色を減らすことで
単価を下げるということです。

 

4色に比べて色の安定性等は劣りますが
校正を見ていただき良しとされるならばこのような方法もあります。

 

 

ということで、黒印刷の表現方法についてお伝えいたしました。
少しマニアックな話になりましたがデザインの構成を考えるときなどに
参考にしていただければと思います。

 

 

 

ご質問のある方は下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ