オリジナルの包材で遊んでみませんか?

こんにちは、さるけんです。

いきなりですが『キリンビール』のマークは
ご存知ですか?・・・ご存知ですよね?
では、
キリンビールの象徴的なマークである麒麟
(中国神話の伝説上の動物)。
この麒麟さんの毛の中に『キ・リ・ン』って、
ちゃんと書いてあるのはご存知ですか?
しっかりとカタカナで『キ』と『リ』と『ン』が入ってます。
これ本当です。

どこにあるかというと、『キ』は・・・角と耳の間を、
よ~く見て下さい。何か見えてきませんか?
そうです。まさしく『キ』です。

では、『リ』と『ン』は??
是非、ご自分で探してみて下さい(笑)
ということで、この話はすでによく知られている話
だとは思いますが、こんな風に人知れずデザインの
中に『何か』を入れてみるのも面白いかも
しれませんね。それが『文字』なのか『暗号』なのか
『イラスト』なのかはデザイン次第で何でも構わない
と思います。

キリンビールさんのようにロゴに入れてどの商品にも!
というのは正直なかなか厳しいでしょうけど、
持ち帰り用の手提げ袋・キャリーBOX、または
包装紙にと考えれば(=ロゴのような小さな部分
ではなく、大きな面で考えられれば)出来なくは
ないと思いませんか?

『よーく見ればどこかに何かが入ってる』そんな
噂が出てくればラッキー的な感覚でデザインを
遊んでみるのも楽しいかもしれません。

コアラのマーチの『まゆ毛有』や、アイスのピノの
『ハート型』なんていうのも、大きな意味では
同じようなくくりかもしれませんね。

あと煙草の『マルボロ』のマークも意味(噂)有です!

遊び心は結構大事です。ちょっと遊んでみては
如何ですか??・・・・・まぁ、でもそれのために
企業・店舗イメージと関係のないデザインにする
というのは本末転倒になってしますのでご注意を!

ではでは。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ