こんな形状のパッケージを作成してみました。

こんな形状の箱を作成してみました。

2016030501

スリーブ+身箱ですね。
中のゲスは、ちょっと長~い筒状の『あるもの』を
いくつも入れるためのものです。

しかし、この箱ちょっと細長いですよね?
『あるもの』を何本も入れたいということから、
また、ある程度1本毎に間隔をあける
ことによって高級なイメージを与えたいという
ご意向から、このように横に細長~い箱になって
しまいました。

でも、そうすると最後の1本を取り出そうと思うと
かなり引き出さなくてはならず、出しにくくなって
しまいます。

 

んっ?
『反対から引き出せばいいじゃないか?』という
お声が聞こえてきそうですね。
もちろん、私も同じようにお伝えはしたのですが、
『真ん中が残ったらどうする?』と。

要は左右から順番に取って行ったら、当然、
真ん中のものが最後に残るわけで、それに
気付かなかったらどうするんだ?ということ
なんですね。
『そんな方、ほとんどいないでしょう?』という言葉を
なんとか飲み込んで(笑)考えました。

実は、これ両方から同時に引き出すことが出来る
のです。

2016030502

つまりは、身箱が2個入ってるんですね。
そうすることで、身箱1個で作成するときと比べて、
半分の長さ分引き出せば、その箱にまだ入って
いるかどうか確認できますので、手間が省けます。

そして・・・・・1番のオススメポイントは、
抜けないんです。下記のように逆さまにしても
落ちないことで分かったもらえるでしょうか?

2016030503

こんな形状のパッケージはいかがですか???

~~~~~~~~~~~~~~~~~

結構、無理難題なことも持ちかけられることも
多いですが、我々は極力お客様のイメージを
形に変えて行きます。
『こんな形状出来るかな?』と思った時は、是非
一度お声かけください。

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ