お菓子の箱を制作するのにも色々注意しなければ・・・

今日は原材料の話を少し・・・

原材料と言っても、インキや表面加工材ではなく・・・

これがなければ箱が出来ない・・・

そう、原紙の原材料の話を少し・・・

皆さんご存知のように紙はパルプでできています。

では、パルプって・・・

これは製紙に使う植物繊維の総称で、主に木材から製紙に必要ない余分なもの取り除き、

繊維質だけを取り出したものをパルプといいます。

現在では木材だけではなく、サトウキビや竹、1年草のケナフ等からもパルプを抽出し原紙原料として

利用されています。ただパルプの質としては木材のパルプが細くて腰があり、原紙材料に向いている為、

他のパルプで製紙する場合でも大多数は木材パルプを混ぜて製造されており、重量比率で10%を超えると

非木材紙として認定を受けることが出来るのです。

えっ?たった一割以上で・・・???

そうなんです!!ただ、木材の消費を世界的に一割でも抑えれれば、地球温暖化への影響も少しは和らぐかも・・・

メーカーによっては非木材パルプの配合比率の高い、環境により優しい原紙もあるのですが・・・

印刷原紙、紙器原紙としては繊維に腰が無く表面の平滑も悪い為・・・、ちょっと・・・って感じです(笑)

パルプの話をしてしまったので、もう少し続きを・・・

パルプを抽出するのは何も木材や植物だけではないのです!!

新聞紙やコートボールという紙は、我々が一度使用した紙(古紙)から再度植物繊維を抽出して再利用する・・・

まさしくリサイクル原紙です。ただこれも印刷を施した紙を再利用するため、真っ白な紙というわけにはいきません。

俗にコートボール紙のことを裏ネズ紙(裏面がネズミ色で表面には白いクレー等でコートされている紙)といい、

ヴァージンパルプが高配合されている原紙に比べると少し腰が無いよに思います。

お菓子の箱に限らずですが・・・。お取扱いの商品の内容によって、高級商品やフラッグシップとなる商品には

ヴァージンパルプ高配合品を、低価格帯やあまり美粧性に拘らないパッケージには古紙配合率の高い原紙を、

有機農法の自然派商品等には非木材紙を・・・、という感じで使い分けて見られたらどうでしょう・・・。

パッケージの原紙原材料もアピールポイントの一つになる要素があるのでは・・・、と思うのですが、

如何でしょう?

そんなご相談があれば、是非ともケイパックに一声かけて頂ければ幸いです・・・(笑)

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ