オリジナルの形状、面白い形状での紙箱制作

新規開拓で見込み客先との商談の折に良く出てくる言葉の1つに、

「面白いパッケージないかな~」

というものがあります。

何処にでもあるありふれたパッケージでは人目を引くことができない、そもそも面白パッケージではないごくごくありふれたパッケージならどこのパッケージ会社でも作ることができるというわけです。

何か変わったものを提案してもらえないと取引する理由がない、ということですね。

そしてこの言葉は、もしかしたら当社の既存のお客様が新規開拓に来たパッケージ会社の営業に言っていたりもするのでしょうか。いえ、もしかしなくてもそんな場面はきっとあることでしょう。考えると冷や汗ものであります・・・。

そんなわけで、私どもも「面白いパッケージ」というものには常にアンテナを張りつつ、自身でもいろいろ考えているわけですが、これがまた難しいやら楽しいやら。

 

では、面白いパッケージ・紙箱とはどういうものでしょうか? 今回はこのような観点からお話を進め、具体的な例としてお菓子の箱など幾つかご紹介していきたいと思います。

 

オリジナルな紙箱 面白いパッケージとは?

【面白いパッケージ1 美粧(デザイン)性】

パッケージデザインは商品の顔であることは言うまでもありません、まず最初に“パッケージの美粧性”を挙げさせていただきます。

中味の商品がどのようなものであるかを伝えると共に、綺麗なデザイン、斬新なデザイン、面白いデザインなど、色々な角度からデザインで魅了することでユーザーの興味を惹くことが求められます。このパッケージデザインで先の目的を果たすことが出来れば、当然のことながら価値の高いパッケージとなり、お客様に喜んでもらえるパッケージとなることは言うまでもないでしょう。

面白いパッケージを求められた際には、現在のパッケージデザインに満足されているかのヒヤリングを行うと共に美粧(デザイン)性を追求した面白いパッケージの提案をするのも1つの方法ですね。

 

これは以前にあった事ですが、あるお客様はパッケージを1社購買をされていたわけですが、このお客様のパッケージデザインが全て同じようなデザイン(色目であったり、構成であったり)のパッケージで展開されておられました。

そこに目を向けた私は新規開拓営業を仕掛けたわけですが、案の定、先様から出てきた言葉は

「なんか面白いパッケージある?」

ということでした。

そこで、私はデザインに関する周辺事情を聞ける範囲でヒヤリングを行い、次回の新商品立ち上げの際にパッケージデザインの提案をさせて頂けるようにお願いしたのです。

すると、そのお願いはすんなりと聞き入れて頂き、デザイン提案をしたわけですが結果は・・・

その時の新商品4点丸ごと新規受注するに至ったのです。

 

これ、実は勝算がありました。ヒヤリングする中で聞き出せたパッケージデザインに対する(当時の)現状の捉え方が分かったからです。

それがどういうものだったかと言うと、

・デザインはパッケージ製作会社に頼まれていること。

・デザインを含むパッケージは1社購買であること。

・デザインはその都度2案くらい出されるものから選択するだけであること。

ということだったのです。

つまり、平たく言えばパッケージ製作会社が持ってきたデザインを何の疑いもなしに使用していたというわけです。このことから、パッケージデザインに対する興味・関心があまりないことを理解すると共に、決してそれはデザインについてどうでも良いと思っているのではなく、単にパッケージ製作会社が持ってきたデザインを何の疑いもなしに使用することが当たり前のようになっているということが分かったのですね。

そこで私が提案したのは斬新なデザインの、本テーマでいう所の『面白いパッケージ』ということと、それに併せて「パッケージデザインは大事ですよ」という意識の変革を求めたのです。

その結果、新規のお取引に繋がったというわけですね。

 

とにもかくにも面白いパッケージを美粧(デザイン)性から提案することは1つの方法であることは言うまでもないでしょう。

 

【面白いパッケージ2 構造(見た目)面】

面白いパッケージの2つ目は“パッケージの見た目”です。

パッケージ、特に私どもが得意とする紙のパッケージ(紙箱)というものは直方体(もしくは立方体)のものがほとんどで、パッケージそのものの見た目だけで変わったものというのは決して多くはありません。

ちょっと変わったところで言うと、紙管と言って筒状の形をしたパッケージくらいでしょうか? あとはほぼ直方体(もしくは立方体)で、その他はそこから少し派生したものにとどまる事が多いのです。これは、紙という材質の特性や求められる強度、納品後の作業性などによりオーソドックスな形態に収まってしまうからでしょう。

とは言えオーソドックスな形態のパッケージばかりの中に、見た目の変わったパッケージがあればユーザーの目を惹く可能性が高くなりやすいとも言えます。

だからこそ、『面白いパッケージを』ということになるのでしょう。

 

例えば、パッケージの中に入れる商品と同じ形のパッケージにするとか、あえて凹凸の激しいパッケージにすることでユーザーの目を引こうとするものは見受けられます。

また、商品のコンセプトそのものが違ったりはしますが、ビッグサイズのパッケージなどもパッケージという側面からだけで捉えると『面白いパッケージ』と言えるでしょう。

以前に作ったもので言えば、車の形をしたパッケージを作成したことがあります。中の商品を取り出してしまえば、小さなお子様がミニカーに見立てて遊べるようなパッケージです。

これなども構造(見た目)面から『面白いパッケージ』を考えた一例と言えるでしょう。

当社で作ったものではありませんが、某アニメの海賊船の形をかなりの度合いで再現したパッケージを見た事があります。おそらくはイベント用の小ロット作成なのでしょう、幾つものパーツを手貼りして作成されており、もはやパッケージのフリをした模型かオブジェといった体でしたが、目を引くという意味では非常に成功していると感じました。

その分、コストなどは推して知るべしといったところなのかな、とは思いましたが・・・それすらも目的に合っていて予算の許容範囲内なのであれば、求められた結果を出していると言えるわけですね。

 

お読みいただいている皆様にも、そうした見た目の面からの『面白いパッケージ』を見た憶えがきっとあることでしょう。

 

【面白いパッケージ3 構造(機能性)面】

面白いパッケージの3つ目は“パッケージの機能性”です。

もしかすると、パッケージの機能性というものはパッケージ製作に携わる会社においては一番力を発揮したい分野かもしれません。何故なら、パッケージの機能性を高めることで私どものお客様の作業性を高めたり、エンドユーザー様の箱の使用性を改善出来たりすることは、私どもパッケージ製作会社にとってはこの上ない喜びだからであります。

たとえば、色々なパターンの詰め方を仕切りを工夫することによりパッケージの統一化を図ることも、構造(機能性)面から提案した面白いパッケージの一例だといえますね。この例に留まらず、パッケージの機能性を高めた面白いパッケージはたくさんあります。

・箱を起こすと同時に中仕切りができるパッケージ

・蓋に内額を付けることで内容物よりも高さの低い身(蓋身タイプの底のこと)の設計を可能にすることで内容物のボリューム感を演出するパッケージ

・ブリスターの成形カバーが剥がれやすくするパッケージ

などなど、です。

このような、構造(機能性)面から見た面白いパッケージを提案させていただくこともお客様に喜んでいただく1つの視点だと言えるでしょう。

なお、パッケージの機能性については弊社公式サイトでもご案内しておりますので宜しければ参考にして下さいませ。機能性といえば、『SS Pack』なる開封防止シール不要の封函式簡易開封型パッケージ(実用新案登録形状)もございますので興味があれば覗いてみてください。

ということで、面白いパッケージが欲しいという要望にお応えする3つの視点についてお伝えいたしました。この3つのポイントをお客様の要望事項に照らし合わせて、皆様に喜んでいただける面白いパッケージをこれからもどんどん提案していきます。

 

オリジナルな紙箱 お菓子の化粧箱サンプル制作のお話

少し前のことですが、菓子箱のサンプルを4点ほど制作した話を紹介したいと思います。

 

①【 相談 ⇒ 提案 】

先日、商品の納品にうかがった際にお客様から相談を受けまして、内容としては・・・

「商品に貼るシールの原材料等の内容をもっと詳しく書くようにする必要が近々出てくるかもしれない。そうなると現状のOP袋のサイズでは貼れなくなる」

とのこと。そして袋を大きくして対応しようにも中身の商品のサイズが変わるわけでは無いため、またその商品も軟らかいもののため、どうにもシールを貼る作業が上手くいかなくなってしまうということだったのです。

そこで「現在台紙として使用している板紙を商品の外側を包む化粧箱に変更してシールを貼る巾をこしらえてみたい」というものでした。

ただ単価的にあまり高いものは難しい、作業性が良くないものも難しい、ということでした。これらのことから、4角貼りやトムソンの組み箱などはあまり提案しても喜ばれるものでは無いということが導き出され、箱の形式としては貼りナシで固定できるように差し込み口を用意したスリーブの形状で、お預かりした商品を包装するのに良さそうな形状を作製しました。

 

1つ目は、一番単純な商品の横幅に合わせた長方形のスリーブものです。

もっとも場所を取らず、包装の方法も単純で、商品をぐるっとスリーブで囲み、差し込み口にフラップを差し込み固定するというものです。ただ、側面をかばうものが何もないため商品が側面から出てしまうので、そこを中の包装袋と紐等で結ぶなりして固定する必要があります。

 

2つ目は、商品を四方から取り囲んで上部で固定するような形状のものです。

ちょっと説明が難しいのですが、バナナを食べるときに皮を剥く動作の逆再生をしているような状態を想像していただければ良いかと思います。これだと上部で固定するために自然と取っ手がつけらるためお客様が持ちやすいという利点があります。また、側面も覆えているため商品を固定する必要がありません。

 

3つ目が、1つ目のスリーブものの改良版です。

1つ目と同じく通常のスリーブものとほぼ同じ形状なのですが、側面から商品が出ないように商品を置く底側から立ち上がりの3cmほどまでを覆うように折りこみ式の側を付属させております。これは1つ目と2つ目を折半したようなもので、2つ目よりは組み立て作業が簡単で、かつ横への広がりも少なめです。

 

そうしてまずはこの3点を提出し、お打ち合わせを希望したわけです。さて、その結果はどうなったでしょうか。

 

②【 ボツ ⇒ 再提案 】

はい、結論から言いますと3点の菓子箱サンプル「全てボツ!」でした。それでは、1つ1つ見ていってみましょう。

 

1つ目のサンプルは、やはり包装袋と紐等で固定する必要があること、またその紐との固定のさせ方も先方の機械では対応できない形状であったことから、流石に手作業でいちいち紐を結んではいられないということになり、あえなく没に。

 

2つ目のサンプルは、商品が横から出てしまうことは無いのですがその代わりに大きく横幅が膨らんでしまうため、陳列のスペースを大きく取ってしまうことが問題点として挙がり、同じく没に。

ただ、この形状自体には非常に関心を持たれたようで、かぼちゃの形状のお菓子などもあり、そういったものに使えるかどうか、つまり他の商品でも使えるものがあるのかを見ていただけるとのことでした。

 

3つ目のサンプルについては、ある程度商品が横から出てしまうことへの抑えが効くことと横幅の広がりも2つ目程ではないこと、そしてさらに組立もある程度簡易であることからなかなかに良い線をいっていたのですが、それでもやはり横幅の広がりが許容できないために没となりました。

 

ということで、ここまで3つのサンプルをもとにお客様と打ち合わせをしている中で残念ながらすべてがボツとなってしまいました。が、色々と収穫もありました。

まず、横幅が広がることはほとんど許容できない、ということ。しかし商品が出てしまうのではもちろん困るし、かといって袋と結ぶことは出来ない、ということ。

それらから、「横幅が広がらない形状でかつ枠みたいなものを作りたい」ということとなりました。

それと、商品を販売する際に購入された方が持ちやすいように2つ目のサンプルのように上部に持ち手をつけたい、との希望もいただけました。

 

ということで、これらを踏まえて4つ目のサンプルの作成とあいなりました。

 

4つ目のサンプルは、まず基本的な形状は1つ目のサンプルと同様に長方形のスリーブものでいきます。

ここから横側に枠をつけるために腕組みを用意しました。よくケーキの箱とかについている箱のフラップとフラップを組み合わせてロックするやつですね。これならば横側に枠を用意できるとともに横幅が広がることもありません。組み合わせているだけなのであまり強度はありませんがそこはお客様のほうで腕組みの部分をセロハンなどで補強していただきます。

また、上部に持ち手をつけるための仕掛けも用意していきます。これは特に難しいものでもややこしいものでもありません、単純に組み合わさる部分の下側に持ち手を用意し、上側にそれを差し込む穴を用意するだけで大丈夫です。

 

さて、お客様と共にああでもないこうでもないと打ち合わせいただいている間に、ある程度完成形が見えてきました。今度はこのサンプルを作成して提出しに行きます。お客様のご希望に沿う物になれば良いでのですが・・・。

 

③【 形状案OK! ⇒ お見積りへ  】

今回は、前回までのお客様との打ち合わせの中で見えてきた改善点を踏まえて作成した、4つ目のサンプルを提出して参りました。

そして、形状案としては4つ目のサンプルで形状案としてはお客様にはご満足いただくことができました。

 

ここで大切なのはOKとなった形状そのものよりも、ここまでの経過の方なのだということはもうお判りいただけていることでしょう。

ヒヤリング⇒提案⇒相談(再ヒヤリング)⇒再提案

という一連の流れがあってはじめて、お客様に満足して貰える良い形状となったわけです。

私どもケイパックではこのように、日々の試行錯誤だけに留まらぬ、お客様と一丸となってのより良いパッケージ作りを心掛けております。何かお困りのことありました際には、遠慮なくお声掛けくださいませ。

 

さて、形状が決まれば次は実際に作製するにあたって大事な見積の提出となります。

今回は事前にある程度の製造数量と印刷などの仕様を教えていただいていたのでそれを基に、4つ目のサンプル形状での場合の御見積書も一緒に持っていっておりました。が、お菓子の箱であることもあり、単価的には少し難航しそうです。

というのも、お客様としても従来は板紙を商品の置く台紙程度にしか使用されておらず、その台紙を弊社にて製造させていただいていたのですが、台紙に置いた商品をPP袋に詰めて、それを圧着して包装~という加工だったものがまずPP袋に商品を詰めて、それを板紙の今回作ってみたサンプルでぐるっと外周を囲むという加工になるからです。

要するにまったく初めての試みのようでして、さて、そうなりますといきなり大きな製造数量で作るわけにもいきませんので普段ご注文いただける台紙の製造数量から比べて随分少ない数量での見積になっているということが1つにあり、またPP袋を小さくした場合の単価や、先に挙げた新たな加工方法による手間賃の算出などが出来ていないために、そもそも指値がまだはっきりと出ていないということも1つにあるわけです。

そのため、形状は問題ありませんでしたが実際に加工できるか否かについては、諸々の費用を精査してからということになりました。当然こんな状態ですのでデザインや細かな加工も決まっておりません。この後、上手く話が前に進んでいった際に、案外印刷の色数が少なくても良いということにもなりえますし、逆にもっと高級な加工を行うことを希望されるかもしれません。

まだ実用されるかは判りませんし、結果が出るまでには時間も掛かるかと思いますが、実際に動き出した際にはまたご報告したいと思います。

 

オリジナルな、面白いパッケージを作るための一例にはなりましたでしょうか?

 

オリジナルな紙箱 開け方を工夫した形状は如何でしょう?

面白パッケージの具体的な形状なども、少しばかり紹介してみたいと思います。

 

先日、こんな形状のオリジナル箱を作成してみました。

2016030501

スリーブ+身箱ですね。中のゲスは、ちょっと長い筒状の『あるもの』をいくつも入れるためのものです。

しかし、この箱ちょっと細長いですよね? 『あるもの』を何本も入れたいということから、また、ある程度1本毎に間隔をあけることによって高級なイメージを与えたいというご意向もあって、このように横に細長い箱になってしまいました。

でも、そうすると最後の1本などは取り出そうと思ってもかなり引き出さなくてはならず、取り出し難くなってしまいます。

 

「反対から引き出せばいいじゃないか?」というお声が聞こえてきそうですね。実は私も同じようにお伝えはしたのですが、そうしましたらお客様からは今度は「真ん中が残ったらどうする?」とのこと。

要は左右から順番に取って行ったら、当然、真ん中のものが最後に残るわけで、それに気付かなかったらどうするんだ?ということなんですね。『そんな方、ほとんどいないでしょう?』という言葉をなんとか飲み込んで(笑)考えました。

実は、これ両方から同時に引き出すことが出来るのです。

2016030502

つまりは、身箱が2個入ってるんですね。そうすることで、身箱1個で作成するときと比べて、半分の長さ分引き出せば、その箱にまだ入っているかどうか確認できますので、手間が省けます。

そして・・・・・1番のオススメポイントは、抜けないんです。下記のように逆さまにしても落ちないことで分かったもらえるでしょうか?

2016030503

こんな形状のパッケージ、いかがでしょうか?

 

日々いろいろなパッケージを作っていく中で無理難題なことも持ちかけられることも少なくはないのですが、我々は極力お客様のイメージを形に変えて行きます。
構造上の問題やコストとの兼ね合いもあり必ずしも全てが実現できるとは限りませんが、イメージが明確な形を持つ瞬間というのはお客様だけではなく私たちにとっても大変嬉しくやりがいを感じられる瞬間であります。『こんな形状出来るかな?』と思った時は、是非一度お声掛けください。

 

定型以外の紙箱 正方形以外にも円柱や六角形なども!

化粧箱というと普通は四角い形状を思い浮かべるのではないでしょうか?

確かに一番多い紙箱、オーソドックスな形状の箱は正方形や長方形など四角いものではありますが、いろいろと見ていきますとそれ以外にも様々な形状の箱があることに気付かれることでしょう。そうした中では三角形や六角形、八角形の箱などは比較的目にする機会もあることでしょう。その他にも沢山の形状が可能であり、「こんな形状にしたい」とまずは私達にご相談いただければと思います。

そんな中から面白い形状を一つご紹介いたします。まずは下記をご覧ください。

20151226-1

どうでしょう、このフォルム。可愛らしい形状ですね。

天面の4辺の角がとられてデザイン通り宝石箱(?)のフタ風の形状になっており、デザインもとてもお子さんたちが喜びそうなデザインですね。。。。。

20151226-2

そしてフタを開けても中が飾りのようにフラップがカット(雲型のようなふわふわ・もふもふした形状)されており、細かい部分までこだわられています。

 

・・・・・で、

『どこが?何が?面白いの?』とそろそろ突っ込まれそうですが・・・・この食品用のパッケージでちょっと面白いなと思ったのはフタの形状です。

というか、フタの止め方ですね。先程の画像でも、よ~く見ると分かるとは思うのですが分かりやすく、さっさと説明させて頂きます。

20151226-3

正面のリボンの部分の両側のフチに切れ刃を入れることにより、前に突き出すように折り曲げることが出来るようになっております。

そして、下記のように

20151226-4

フタの方にはそれが通るくらいの穴が開けてあるので、そこに先程のリボンの両端を通して元のように広げるとこのようにロックが出来るというわけです。

20151226-1

どうでしょうか?

確かに、そこまで言うほど高度な技術ではないですし、とても珍しいと言うほどのものでもありません。

しかしながら、このフォルム(全体の形状)とデザイン(絵柄)とを考え合せてみた時に、このリボン部分でロックするというのが、実にマッチしていて良いなぁと感じた次第です。

このように、食品に限らず、どんなパッケージについても、特殊な技術を使わなくとも、ちょっとした発想で、そのパッケージに合った仕様が考えられるのだと思います。

我々の発想力が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

といわけで、今回はオリジナル且つ面白いパッケージというものに焦点をあてて、その特徴といくつかの例をあげてみましたが如何でしたでしょうか。少しでも「あっ面白いかも」と感じていただけたなら良いのですが。。。 もしそう思って下さった方には、機会があれば是非とも『面白い』パッケージ作りに挑戦してみて欲しい、そう思いながら今回の『パッケージNAVI』を締めさせていただきます。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

ご質問・ご相談は下記よりお気軽にお問合せ下さい。
小ロットでの対応もお任せ下さい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ